まつげエクステの技術はスクールで習おう!

メイク

美容師を目指せます

美容専門学校では、美容に関する知識や具術を学ぶことができます。大阪のような大都市には美容院がたくさんあるので、実際に店舗でインターンを受けることも可能です。美容師の国家資格対策や就職応援など、美容師として働くための対策が万全なのも専門学校の魅力です。

まつげのプロになる

マツエク

まつげメイクは大人気

メイクで印象を変えるということは、多くの女性が実際行っていることです。テクニックは様々ですが、その中でも最も人気とされるのが目元のメイクです。特に、目を大きくハッキリとした印象にするまつげメイクには大きな注目が集まっています。まつげメイクはつけまつげやマスカラが代表的なものですが、どうしても素人のメイクでは物足りなさを感じる人が多く、そのためここ最近プロによる「まつげエクステ」「まつげパーマ」等の施術が大人気となっているのです。まつげエクステ等の施術は、アイリストと呼ばれるプロが行っています。まつげエクステ等には特殊な薬剤を用い、また目元への施術ということから健康被害を防ぐために、アイリストには美容師免許が必要です。美容師免許は国家資格です。そのためこれを取得するには、美容師の専門学校で学び、その課程を修了した後国家試験を受験し、合格することが必須です。ただし、美容師免許を取得しただけではすぐにアイリストになるのは難しいのが現状です。実は、美容師の専門学校の課程の多くはヘアメイクの関するもので、まつげエクステ等のまつげに関する知識や技術はほとんど学ぶことができないのです。そこでアイリストを目指す多くの人は、美容師免許を取得後アイリストを養成するスクールで知識や技術を学んでいます。こうした養成スクールは、美容師の専門学校のように長期で学ぶものは少なく、ほとんどが短期です。スクールは最短で1日、しっかりと学んでも数ヶ月ほどで修了できます。なお、スクールの多くが卒業後提携しているまつげサロンや美容サロンへの就職の斡旋を行っており、こうした面からもスクールに通うことは大きなメリットと言えます。